[ 雲 ]
[ 町並み ]
[ 山並み ]
[ ビル ]
[ ビル ]
[ 富士山 ]
[ タワー ]
[ 電車 ]
[ 鉄橋 ]
[ 石 ]

レッツ!キャッチボール

VIEW SITE
MISSION
創業五年を前にした公式サイトのリニューアルにあたり、ビジネス上のステークホルダーである広告主、広告代理店、企画制作会社、メディア・Webサービス運営者、ブロガー、その他広告/Web/IT業界に対する、自社の認知獲得とブランディングのためのインタラクティブコンテンツとして企画・制作しました。
自社の事業(BUZZ/VIRALプロモーションのプランニング・プロデュースを含めた、デジタル領域に特化したPR&メディアエージェンシー)であるBtoB領域におけるブランディング及びBUZZプロモーションとしてどう機能させるかを最重要課題として企画・検討を重ねました。
CONCEPT
  • 企業の公式サイトにおけるスペシャルコンテンツとして、重過ぎず、軽過ぎずのバランス、また、一度で印象に残る体験を提供する。
  • デジタルデバイス・テクノロジー×アナログな身体感覚で、「キャッチボール」感を演出することで自社の姿勢を表現する。
  • BtoB領域におけるブランディング及びBUZZプロモーションであるため、オフィス周辺でバズが起きたり、口の端に上る仕掛けを含める。
  • キャッチボールという響きが持つ、懐かしい、かわいらしい、デザイン・トンマナ。
GIMMICK
  • 「キャッチボールできるウェブサイト」「PCとスマートフォンでキャッチボールする」という聞こえのわかりやすさ
  • 昭和、和な感じのタイトル「レッツキャッチボール」(英語ではplay catch)
  • CAUTION画面の大袈裟な演出
  • 偶然の体験要素(発動条件を満たすと、魔球や剛速球が投げられる)
  • 精細なチューニングにより、少しのゲーム感覚と、オフィス内で目立つアクション(PCに向かってスマートフォンを大きく振っている)が起きるように